【幸せになるために】私たちが節約生活をはじめた理由

今、我が家での1番の目標は、このブログに掲げている通り“貯蓄を倍増させること”なのですが、1年前の私達は共働きをしながらも1年間でたった30万円程度しか貯金ができないくらいの超浪費家夫婦でした。

でも、とあるきっかけでお金について真剣に考えるようになり節約生活をスタート。今では月の支出を1年前より10万円以上減らすことができるようになりました

片働き世帯になり収入が大幅ダウンしたにもかかわらず、年100万円の貯金を目指せるところまでになってきています。

ということで今回は、私たち夫婦が節約生活をはじめた理由について書いていこうと思います。

お金が貯められなかった時代

独身時代、私はお金を貯めることが好きでした。

いつ頃からだったか、お金を多く貯めている人の方が偉いような気がしていたので、預金残高が増えると安心してなんとなく嬉しかったんですよね。

なので、同世代の子に比べれは預金はあったほうだと思います。

でも、結婚相手となった旦那さんはかなりの浪費家で(笑)、一緒に暮らしはじめてからは私も旦那さんに引っ張られる形でどんどん浪費家になっていきました。

結婚後1年ちょっとの間は共働き世帯で年収が700万円弱あったんですが、もう立派な浪費家夫婦になっていたもので年間支出もすごく多くて…。

結局年間の収支で+に出来たのは約100万円程。しかも、その内70万円は私が立て替えていたお金の返済に充てたので(結婚準備金等)、実質貯金にまわせたのは30万円程でした。

お金で幸せをはかっていた

その頃の私は、結構な浪費生活を送っていながら、そんなに危機感は持っていませんでした。お金を貯められていないことは分かっていたんですが、一方で『共働きだから年収は世代平均を超えてはいるし、好きなものが好きに買えるんだからまぁ幸せなんだろう』と思っていました。

また、私が販売職だったこともあって、お互いの休みが合うのは月に2回くらい、夕飯もなかなか一緒に食べられないすれ違いの生活が続いていたけれど、お金がないと困るからそれもしょうがないのかなと思っていました。

もう思考はお金を中心に回り始めていたんだと思います、幸せの基準をお金ではかっていたんですね。

同世代のお金事情を知り、思い知った自分たちの現状

そんなある時、1つ年上の職場の同僚から、注文住宅を建てる為の土地を購入したという話を聞きました。最初はただ『すごいね~』と、純粋に尊敬する気持ちで話しをしていたんですが、彼女から購入に至るまでの数年間の話や、これから先の将来の展望なんかを聞かせてもらっている内に、焦りとか不安とか…何とも言えない気持ちになっていったのを覚えています。

父子家庭で育ったその同僚は、”みんなで一緒に暮らしていけるようにいつか二世帯住宅を建てたい”とずっと思っていたそうで、『結婚当初からコツコツ貯めたお金をほとんどはき出しちゃった』『また頑張ってお金が貯まったら今度はネイリストの妹の為に施術スペースを作りたい』と話した彼女の顔は、とても明るく幸せそうに見えました。

なんで焦りや不安を感じたのか、それは”幸せになるためにお金を稼いで貯めて、幸せになるためにお金を使うんだ”という至極当然な彼女の心模様が、当時の私のそれとはあまりにかけ離れていたからでした。

そしてその時私は、何のためにお金を得たいのか、どんな風に幸せになりたいのか、それをちゃんと考えてこなかった自分に気がついたんですよね。

お金を稼ぐことは手段であるべき

そんな話を聞いたことをきっかけに、私も、お金を稼ぐ為にすれ違いの生活の中で働いて、ストレスを発散するためにお金を使い貯金が出来ないという、今の現状を変えたいと思うようになりました。

でも、結婚すること自体を目標にしていた節があった私たち夫婦は、その後の目標や将来設計について話合う機会をもたずにきてしまっていたので、まずは、私たち夫婦にとっての幸せってなんなのかを旦那さんと2人で一緒に考えることからはじめることにしました。

私たちにとっての幸せとは何か【貯金をする目的】

『車は買えたら楽しいだろうけど、レンタカーでも十分なのかも』

『家は賃貸のままだと老後に契約更新ができないとかが怖いから、いつか身の丈の範囲で持てたらいいね』

『子供をもてたら自分たちが行っておけば良かったって思うから、大学までは行ってほしいな』

そんな感じで1つ1つ、どんなことを出来たらお互いが嬉しいのか、考えをすり合わせていきました。そうしたら、だんだんと自分たちのとっての幸せの形がはっきりしてきて、目標とする将来像の共有が2人の間で出来るようになったと思います。

私たちにとっての幸せは、今も未来も犠牲にしないでなるべく多くの時間を共有して過ごすこと、そして不安やストレスをためないで笑って真面目に生きていけるようにすることでした。

だから、自分で自分の首を絞めるようなお金の使い方はもうやめにして、選択肢を広げる為にお金を貯めていこう、節約しながらまたその都度一緒に考えながら進めていこうと2人で決めました。

私達は自分たちで手探りで考えながらライフプランについて話し合いましたが、今はネットで『ライフプランシミュレーション』と検索するだけで沢山のサイトが出てきます。とても簡単に色々と試算ができますから、これから節約を始める方は参考にしてみるといいかもしれません。

その後とこれから

そんなこんなありまして私たちの節約生活はスタートしていった訳ですが、目指す幸せの形をはっきりさせたことで、現状のすれ違い生活もなんとかしないといけないと思うようになれました。

お金の面から考えれば、共働きで収入を維持しつつ支出を減らすことが貯金を増やす1番の近道だったと思います。でも、一緒に多くの時間を共有したいと思った時、そのままの仕事を続けていくのは難しいと感じていました。

お金と時間、どちらを優先すべきか悩みましたが、結論として私たちは、私が仕事を辞めて片働き世帯になることを選択しました。

専業主婦生活をスタートし、最初の頃は色々と不安に思うこともありましたが、始めてみれば意外や意外、ひと月目から赤字になることもなく結構すんなりと毎月貯金をすることができています。退職前には平均39万円程あった毎月の支出も、今では10万円以上圧縮することができ、大体ひと月23万円位でおさめられるようになりましたよ。

収入と支出、お金と時間、使うお金と貯めるお金。色んなことのバランスが少しづつ上手に取れるようになってきて、私は今が1番心穏やかに過ごせている気がします。

これからは貯めるお金と増やすお金のバランスも考えながら、ひとまず貯蓄倍増という目標の達成へ。そして今も未来も幸せに過ごせるように、試行錯誤しながら進んでいきたいと思います。

それではまた、山子でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする