おすすめのキッチンバサミ!100均セリアの実力がすごいです‼

どうも、山子です。

突然なんですが、キッチンバサミを選ぶのって難しくないですか?

買い替えをしようと思っても、種類は沢山あるし価格の幅も大きいから、どれを買うべきか悩んでしまうことってありますよね。

私も結婚してすぐに買ったものを約2年くらい使っていたんですが、ある時から全然切れなくなってしまって、ずっと買い替えたいと思っていたんです。

でも、安いものを買うとちゃんと切れなそうだし、だからといって高いものを買ってみる勇気もなくて、”っていうかまず何を基準に選べばいいわけ?“と根本的なところから悩んでしまっていました。

そんな訳で結局買い替えをしないままでいた私でしたが、実は今回ようやく新しいキッチンバサミを購入したんです。

さんざん悩んだ末に買ったのがこちら。

人気の100円ショップ『セリア』のキッチンバサミを購入しました。

“え、100円のハサミって大丈夫なの?”、そう思った方もいると思います。

私も無駄遣いになりそうな気がしたので、100均でハサミは買ったことも買う予定もなかったのですが、少し前に『セリアのものは良いらしい』という噂を耳にすることがありまして…。

まぁ100円だし失敗してもいいやくらいの気持ちで、物は試しととりあえず買ってみたわけです。

ということで今回は、このハサミで実際に色々と切ってみながら、その実力を皆さんにも紹介していこうと思います。

結論を先に言うとこのハサミ、めちゃくちゃ使えたんです!

コスパが高すぎで、100均の実力には本気で驚かされました‼

セリアのキッチンバサミ、実際に使ってみました

紹介に入っていく前に少しだけ、ハサミの選び方についてまとめておきますね。

ネットでこんな記事を見つけました。

気を付ける点を簡単にまとめると、

  1. 刃がギザギザしているセレーション刃を選ぶ
  2. 指を入れる部分に余裕があるものを選ぶ
  3. 分解して洗えるものを選ぶ
  4. 価格が2000円以上のものを選ぶ

ということが大事なポイントのようですね。

4つめの価格に関しては、今回のものはもう全然クリアできないので…ちょっと見なかったことにしましょう(笑)

それ以外の3つのポイントを踏まえて、セリアのキッチンバサミをみていきます。

まずは見た目のご紹介

白いグリップの見た目も可愛らしいこのキッチンバサミは、全長20cm、刃は約7cmくらいの大きさです。刃の材質はステンレス製で、ポイントにもあった刃の形状はギザギザのセレーション刃です。1つめの基準はクリアですね!

因みにギザギザがついているとなぜ良いのかは、その方が切れ味が長持ちするみたいですよ。

↓一応裏面も載せておきます。

また、一応このハサミは1つで3通り使えるという売り文句で、切る以外に刃先ついた窪みが栓抜きに、グリップの間で硬いものが割れるようになっています。

私は別に栓抜きも持っているし、クルミの殻を割ることもないので、今回はとりあえず『切る』という部分の性能についてだけ書いていきますね。

グリップ大きさ

グリップの穴の部分には、指3本がすっぽりと余裕をもって入れることができました。

上記のサイトでは指4本入るものが良いとありましたが、4本入れるのはちょっとキツかったです。

でもこのハサミ、指を入れる部分の先がくびれていて、人差し指を添えられるようになっているので、使いづらさは特に感じませんでした。個人的にはこの形状の方が安定して使いやすいので、全然問題なしです。

私的には2つめの基準もクリアです(笑)

分解できるか

残念ながら、このキッチンバサミは分解することができません。3つめの基準は×でした。

分解して洗えないので洗えるものに比べれば、サビが出やすかったり切れ味が悪くなるのも早いかもしれませんが、でも100円ですからね。

そこはもう切れなくなったら買い替えると割り切ればいいかなと思います。

年に1回買いかえても15年で1,620円ですから、買い替えのハードルもぐっと下がりますよね。

さて、次は1番のポイント、切れ味をみていきます。

大事なのは切れ味!その実力は…

この記事を書いている日の夕飯がたまたま鶏のから揚げだったので、鶏肉を切ってみました。

が、すいません!これ鶏の胸肉です、しかも皮剥いじゃってます(笑)

本当は鶏もも肉とかでしかも皮付きのままの方が分かりやすかったと思うんですが、我が家のから揚げは皮なしの胸肉なもので…。

すいません、とりあえず参考までにご覧ください。

実際に切ってみた感じは、肉が逃げるようなこともなく、スパッと切ることが出来ました。

ハサミ自体の動きも固い感じはなく、押し切っている感じもありませんでした。

断面もきれいです、繊維が押しつぶされている感じもないですね。

スパスパ切れるので気持ちいいし、とっても楽ちんでした。

切りながら1人で『おぉ~!』と声が出ましたよ。

ついでに長ネギも切ってみる

私がキッチンバサミで切っちゃうことが一番多い長ネギも切ってみました。

以前まで使ってたものだと押し切っている感じで、結構びちゃびちゃしちゃう事があったんですよね。(それでも使ってましたけど…)

まずは半分に切ってみると、断面はとてもきれい!

潰れた感じもほぼなく、包丁と遜色ない感じに切れました。

切れ味十分ですね、すごいです。

次は薄い輪切りに

刃の厚さギリギリで切ったので、だいたい2mmくらいの厚さかな。

これはさすがにちょっと潰れてしまいましたね、刃が滑る感じも若干ありました。

でも、5mmくらいの厚さなら全く問題なく切ることが出来ましたよ。

断面も潰れてませんね。

さて、長ネギver最後はみじん切りに挑戦です。

私がキッチンバサミで長ネギを切るときは、だいたいがみじん切り。

これもちょっと刃が滑っちゃう感があったので、断面は潰れ気味に。

でも以前までのハサミよりは全然きれいに切れました。

納豆に混ぜちゃうくらいなら問題なし、優秀だと思います。

おまけに刃先でビニールも切ってみる

以前までのものを使ってでも、大抵の食材は潰れちゃうけど切ることは出来ましたが、唯一もう全然切れなくてストレス!だったのがビニールです。

個人的にキッチンバサミで1番切ることが多いものはビニールとかの外袋だと思っているので、ちゃんと切れるかどうかは私的にはかなり重要なポイントでした。

外袋を切る時って隙間に刃先を突っ込んで切ることも多いのと思うので、刃先だけで切ってみます。

ちょっと画像だと見づらいんですが、スッと一発で切れました!

ビニールと刃先を水平にしてみたり、左手で切ったりビニールを濡らしてみたり色々しましたが、ビニールが滑っちゃうことは全く無く、全部ちゃんと切ることが出来ましたよ。

セレーション刃の実力なのか、私的にはこれが1番感動しました!

まとめ

ということで、今回はセリアのキッチンバサミについて書いてきたんですが、いかかがだったでしょうか?

選ぶ基準に照らし合わせれば△評価になりますが、私的には余裕で合格点だったので、すぐに我が家のキッチンへと仲間入りさせましたよ。

あと、これは別に100円ハサミが良かったから言う訳じゃないんですが、節約をしている身からするとキッチンバサミに2000円は正直高いです。

もちろん節約中だって良いものを使いたいけど、1/20の値段でこれだけしっかりしたものが買えるんだから、高級ハサミは節約生活ののち余裕ができた時に買えばいいかなと思いました。

皆さんも、もし節約中にキッチンバサミを買い替えたくなることがあったら、是非1度セリアのキッチンバサミを試してみてくださいね。

そしていつか高級ハサミを買う為にも?、また節約生活を頑張っていきましょう!

それではまた、山子でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする